ご訪問ありがとうございます。
京都 aurora sweetの新作のお菓子や出店情報を
掲載しています。
よろしくお願いします。


aurora sweetのお菓子は、小麦やバターなど素材の味を
楽しんでいただけるよう厳選した材料選びを心がけています。
スコーンは、よつ葉発酵バターをはじめ、小麦は5種類の小麦を
それぞれのスコーンの個性を出す為に
少しづつ割合を変えて焼き上げています。
タルトは、旬の果物などをふんだんに使い、素材の美味しさを活かし
オーロラスイートのタルトスタイルでお楽しみいただけます。

その他材料や産地などに関するご質問などがございましたら、
ご遠慮なくお尋ね下さいませ。
大量にお買い上げいただくお客様は、お手数ですが
ご予約をお願いしております。
以前に店頭でお買い上げいただきましたお客様に限りまして、
発送なども行っております。
お問い合わせの上、どうぞご利用下さいませ。
よろしくお願い申し上げます。
お問い合わせ先
aurorasweet88☆gmail.com
☆印を@に変えてお送りくださいませ。





*aurora sweetのお菓子が買える場所

・ござれ市「甘夏ハウス」
(毎月第二日曜日 11時〜17時)
・オーロラ喫茶室「甘夏ハウス」
(月一回月末に近い月曜日日時未定)

京都市左京区浄土寺下南田町68
最寄りバス停 浄土寺(系統5 17 32 203 204)
 
・オーロラスイートの一日喫茶室「ぱんとごはんの店AOW」
( 毎週水曜日 11時半〜18時
月一回日曜日 11時半〜17時 月初めにSNSでお知らせしています)
いづれも売り切れ次第閉店させていただいてります)
京都市左京区一乗寺払殿町12-17
最寄り駅 叡山電車 一乗寺
最寄りバス停 一乗寺高槻町(系統31)
高野(系統206)
http://t.co/U2QaooWGv6
          
...and more


お問い合わせ下さったお客様へ。
イベント、喫茶室の前日や当日などは、仕込みや接客の都合上
メールやメッセージのチェックが出来ない為、
メールやSNSなどにお返事出来ない場合がございます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。



 




*aurora sweetのお菓子を支えてくれている
やさしい素材達*
・国産小麦 ドルチェ、クーヘン、キタノカオリ
・江別製粉 全粒粉、石臼挽き全粒粉(キタノカオリ、臼夢)
・よつ葉発酵バター   
・よつ葉牛乳 
・てんさい糖
・きび砂糖       
・沖縄シママース
・京都府産さくら卵       
・菜たね一番搾り
・トランスファットフリーショートニング
・アルミニウムフリーベーキングパウダー
・有機オートミール


                       
など...
LINK

2018年05月21日

オーロラと喫茶室とわたし

2A215A11-4ECC-4A0B-8D58-9137CD33979C.jpg

オーロラと喫茶室とわたし

この度、4年半続けていたオーロラ喫茶室を7月いっぱいで終了させていただく事になりました。
イギリス、アイルランドへの出発と、それに伴い、なんとなく自身を振り返りたくて、こんな事書いてみました。
ご興味がありましたらよろしければお読みになってくださいませ。


オーロラスイートとして活動してから、なんだかんだでかれこれ8年ほど経ちました。
そして喫茶室を始めてからは4年と半年。

喫茶室を始める前、イベント出店をしていた頃の私には「お菓子屋」という以外には、これといったコンセプトは特にありませんでした。
お菓子屋、レストラン、ホテルなどで自分が今までやってきた中の好きなお菓子を作って、それなりに自分の好きな事を表現できる場があればそれで十分。
なんて、ゆっくりのんびりお菓子を作ってイベント出店をたのしんでいました。
そしてそれから3年程経ったころ、姉夫婦がお店を立ち上げる事になり、そこで定休日の日を間借りして喫茶室を始める事になりました。
将来の為に自分自身に僅かながらも経営という観念を持ってやっていきたい為、身内とはいえ場所代としての家賃も収め、擬似ながらも間借りという形で『オーロラ喫茶室』というお店が始まりました。
始めた当初は、やはり私にはこれといったコンセプトがないだけに、何を知ってもらいたいのか、何を発信したいのかという事が漠然とし過ぎていて、周りには素晴らしいお菓子を作っておられる作家さんが沢山おられる中で、オーロラ喫茶室という場所に足を運んで貰うのにはそれは大変な事で、暫くの間は日々とりあえず開けているだけという感じで、時にはお客さんが2人、3人だけなんていう日もざらでした。
しかしながら、不思議な事に、誰一人お客さんが来なかった日は一度もありませんでした。
その事は私にとってはとても励みになった事で、そしてその来てくださるお客さんにいつまでも来ていただきたい。そうするにはどうしたらよいか、という事を毎回毎度考えていました。

そして、喫茶室をやり始めてからしばらくした頃、私の夫が音楽イベントを始める事になり、それは私が大好きであるUKロックのイベントで、その時に皆さんに振る舞う為のお菓子を作ってみても良いかと夫に話してみました。
それがきっかけで、そのイベントが開催される毎にイギリスに因んだお菓子を作る事になりました。
そしてそれとほぼ同時期に、毎年某デパートで行われている英国フェアという催し物で出会ったスコーンがあまりにも美味しく、世の中にこんなに美味しいスコーンがあったんだ。私も作ってみたい!
という思いから、以前から作っていたスコーンをベースに、そのスコーンを再現したく、試行錯誤を繰り返す事になりました。

音楽イベントでイギリスに因んだお菓子を作る事、そしてこの素晴らしく美味しかったスコーンに出会った想い、これが私の要となる出来事、「今まで仕事としてやって来たお菓子づくり」と、「今まで大好きだった英国文化」とがピタッと重なり合った劇的な瞬間でした。

そこからはがむしゃらにイギリスのお菓子の本を読み漁り、とりあえず興味のあるものは作りました。
そして、そこに自分なりのスタイルを取り入れ、時には食べた事のない想像でしかないものでも自身の今までの経験と以前イギリスで食べたお菓子の記憶を元に、英国菓子と呼ばれるお菓子に想いを詰め込み表現したり、そんなお菓子の作り方が水を得た魚のように、アイデアがどんどんと浮かんできました。
そして、趣味だった紅茶の勉強にも力をいれるようになり、大好きだったアンティークなども集めたり、自分なりの理想のスタイルが徐々に出来上がってきているというのが、その頃からなんとなく実感し始めていました。

しかし、それも2年、3年と経つうちに、自分自身の出来る事に滞りを感じるようになり、もっといろんな事を見て試していきたい、もっと自分にできる事を増やしていきたい、自分にはまだまだ知らない事の多さに落胆したり、そしてまた、間借りという形では当然の事ながら自身の表現が制限されてしまう事へのもどかしさ、それと同時に、喫茶室運営に伴う沢山の材料、資材、備品などの運搬、そしてまた大変有り難い事に、ご依頼いただくお品物も徐々に増えてゆき、現仕事との両立が非常に難しくなり、週に一度とはいえ、毎回毎週使うエネルギーの大きさにそろそろ限界という言葉が見え始めてきはじめ、ここで一旦リセットする時期が来たのかもしれないなぁという気持ちが大きくなってきました。

今回研修も兼ねて、イギリス、アイルランドで沢山の事を学び、それを持ち帰り、そこからいろんな事を表現していきたいと考えていました。
その答えが、喫茶室の終了という真逆の答えになってしまっているようにもみえるかもしれませんが、これも私自身の考えで、持ち帰ったものを暫く温め、自分なりに納得した形で表現出来る時期が来た時に、また皆様の前で新しい形として改めてご披露する事が出来ればいいなぁという考えに至りました。

今までの4年半、本当に沢山の方々が応援して下さいました。
毎週のように買いに来てくださる方、仕事の帰りや休憩時間にいらして下さる方々、イギリスが好きでそこからお店を探して来てくださった方々、イギリスの音楽が好きで来て下さった方々、スコーンの食べ歩きをされている方々、不定期でありながらも日曜喫茶の日を調べてわざわざ足を運んで下さっていた方々、平日の水曜日に仕事を休んで来てくださった方々、京都に来る事があったからとSNSなどで応援してくださっていた方々が遠くから来て下さったり、まだ一度もお会いした事はないけれど、遠くからいつも応援して下さっている方々、喫茶室を通して仲良くなれた人達、知り合えた人達、周りの友人、家族…そして場所を提供してくれた姉夫婦。
今まで本当に沢山の方々に応援していただいて、感謝しきれないくらい感謝をしております。

4年半、本当に本当にありがとうございました!
と言ってしまうと、全てが終わってしまうようですが、終わるのは喫茶室でありまして、私にはお菓子を作る事しか出来ませんし、お菓子を作る事がなくなってしまったら生きていけないので(笑)今後暫くの間は、イベント出店などには出来るだけ参加させていただけたらと考えております。

また今後のいろいろな詳細はこまめにSNSにあげて行く予定です。

喫茶室、本当に本当に楽しかったです!
喫茶室を通してお世話になった皆さん、本当に本当にありがとうございました!
そして、これからもどうぞどうぞよろしくお願い致します!

最後まで読んで下さってありがとうございました!



オーロラスイート
内田 睦子




posted by mutuco at 18:15| ロンドン 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする